Environment

ワーキングスタイル

自分の志向や希望にあった
働き方・暮らし方を実現できる。

丸三証券には「総合職」と「エリア職E」の2つのコースがあります。総合職は、一般に3~5年サイクルで支店や部署を異動し、経験を積み重ねながら幹部へのキャリアを進んでいきます。エリア職Eは、基本的に同一エリア内での営業に取り組み、営業専門職としてプロの証券営業員を目指します。原則として定時勤務で、ほとんど残業がない点もエリア職Eのメリット。また、エリア職Eから総合職への転換制度もあり、ライフプランに合わせて働き方も柔軟に変えていくことも可能です。自分の将来イメージに応じた働き方ができるのも、丸三証券の特色のひとつです。

総合職

責任ある仕事を任されるうえ、
自分で自由に考えて取り組める。

社員の研修の企画・運営、新入社員との同伴訪問をを中心に行っています。自分が研修を担当した若手社員が、実績を伸ばしていたり評価されていることを聞いたときに「私ももっと頑張らないと!」という気持ちになります。現在、活躍する女性社員も増えており、性別は関係無く多くの社員がより働きやすい環境を作りたいと考えています。人材開発部という立場から意見を吸い上げ、現場に働きかけを行っているところです。

画像

古川 恵美子 人材開発部 2015年入社

エリア職E

オンとオフを切り替えて、
充実した毎日を過ごしています。

みんなで頑張ろうという雰囲気があり、誰かが結果を出せばみんなで「おめでとう!」と声をかけたりしています。上司と一緒に外交に行く事や、ランチを外で食べる時には誰かを誘ったりすることもあり、社員同士の距離が近いため意見を共有しやすいです。「聞ける社風」「教える文化」が根付いており、産休・育休から復帰する際もスムーズに業務に戻る事が出来ました。

画像

水野 智美 営業部 2016年入社

go_top