Environment

ワーキングスタイル

自分の志向や希望にあった
働き方・暮らし方を実現できる。

丸三証券には「総合職」と「一般職営業職」の2つのコースがあります。総合職は、一般に3~5年サイクルで支店や部署を異動し、経験を積み重ねながら幹部へのキャリアを進んでいきます。一般職営業職は、基本的に同一エリア内での営業に取り組み、営業専門職としてプロの証券営業員を目指します。原則として定時勤務で、ほとんど残業がない点も一般職営業職のメリットです。活躍のフィールドや働き方は異なるものの、自分の将来イメージに応じた働き方ができるのも、丸三証券の特色のひとつです。

総合職

責任ある仕事を任されるうえ、
自分で自由に考えて取り組める。

全国の研修生(入社後1年半)の営業支援と研修の企画、運営を中心に行っています。入社式から約1ヵ月間、一緒に研修を行います。配属後に、「お客様を獲得した」という連絡が来るたびに、部内の上司、先輩と一緒に喜んでいます。証券マンとしての基盤をつくる重要な時期をサポートするため、責任が大きくやりがいのある仕事です。今は、質の高い営業支援が出来るようCFPや証券アナリストなどの資格取得に向けて勉強中です。

画像

藪野 慎太郎 人材開発部 2013年入社

一般職営業職

オンとオフを定時で切り替えて、
充実した毎日を過ごしています。

残業のないメリットを満喫しています。午前は8時40分から12時まで、午後は13時から17時10分まで、間のお昼休みでリフレッシュして、勤務時間中はお客様への営業活動に専念。終わったらすぐに退社して、充実したアフター5を楽しんでいます。私は最近結婚したので、主人との時間はもちろん、友人との時間も大切にしており、ワークライフバランスを保つ働き方ができる職場環境です。

画像

昆 初美 営業部 2015年入社

go_top